「服部幸應のお取り寄せ」はっとりよせ.com


鍋料理 鳥

だんだん涼しい季節になってきましたね。

食の秋ともいいますが、食生活もこの時期は若干緩みがちになる方もおおいのではないでしょうか。

筆者もここぞとばかり秋のグルメを堪能する予定ですが、今年度最初の鍋料理に手を出だそうかと。

鍋料理は奥が深いですよね。

地域によって鍋料理でイメージするものも違いますし。

筆者はこれまではわりと海鮮系の鍋を主に食べていましたが、今年の一発目はちょっと趣向を変えて、鳥すき焼きにチャレンジしました。

すき焼きと言えば、味の濃い出汁で煮るタイプの鍋料理ですが、使う肉は牛肉を連想する人が多いと思いますが、名古屋地方では、鶏肉を使ったすき焼きが名物料理として存在します。

加えて名古屋コーチンというブランド鳥もあり、鶏肉の需要はもともとあっての昔ながらの料理法だったんですね。

さすがに名古屋コーチンは簡単に入手できなかったので、市販の胸肉などを使い、これまた市販のすき焼きのタレと野菜で構成しました。

鳥すき焼き.jpeg

初めて牛肉以外の肉を使って作ったすき焼きの味は想像していたよりサッパリとしつつも出汁が効いてとても美味しかったです。

思い込みといいますか、「そういうものだ」と思っていたものが覆った瞬間でしたw

ちなみに、鳥すき焼きは名古屋ではメジャーな鍋料理ですが、どうやら鍋セットとしてお取り寄せもできる様です。
↓↓↓
三和の純鶏名古屋コーチン鶏すきやき鍋

肉が名古屋コーチンといったメジャーな地鶏を使って食べられる分、より特別感がでそうですね。

まだまだ、鍋のシーズンは始まったばかりですので、色々な鍋を堪能したいですね^^